FXトレードで使うチャートとは

FXでは売買のタイミングを決定する為にチャートと呼ばれるグラフを参考にしていきます。またこのチャートは、世界中のトレーダーが参考にしている為、非常に影響力が強く、中にはこのチャート分析のみで取引をしているトレーダーもいるほどです。

では、このチャートとはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。



チャートは過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸にしてグラフ状にしたもののことで、FXの証券会社で口座を開設することによって見ることができるようになります。


このチャートを活用することによって今現在の相場の流れが一目で把握することができて、さらには、それを基にして未来の値動きを予測することもできるようになります。



FXで使われているチャートにはいくつかありますが、最も使用されているのがローソク足チャートになります。

ローソク足とは値動きを分かり易くするために、ローソクのような形にして表したチャートのことです。
このローソク足は1本で4つの情報を知ることができて、始値と終値、そして高値と安値の4つになります。

始値はそのローソク足がスタートした価格で、終値はローソク足が終了したときの価格になります。

そして高値と安値はローソク足が始まってから終わるまでの間に付けた高値と安値を表しています。

そしてローソク足には大きく分けると陽線と陰線と呼ばれるものがあります。

陽線とは始値よりも終値の方が高値で終わったローソク足のことで、陰線とは始値よりも終値の方が安く終わったローソク足になります。



このローソク足は、その形状や前後の並びなどでも今後の値動きを予測することができて、古くから使われているテクニカルチャートの基礎となっています。