実はFXで金利も貰える

FXはドルやユーロ、ポンドなどの外貨を交換して、利益を得る投資になりますが、例えば1ドルが100円の時に100万円で1万ドルを購入して、その後1ドルが101円になれば手持ちの1万ドルの価値が日本円で101万円になり、1万円の利益となる計算になります。


FXがこのようにして利益を上げていくものだという事は一般的にも知られていることですが、実はこれ以外にも利益を上げる方法があり、それが金利による利益になります。



FXは2国間の異なる通貨を売買して利益を上げるのですが、それぞれの国には金利が定められていて、その2国間の金利差によって利息が発生していく仕組みになっています。



例えば日本の金利が0.1%でニュージーランドの金利が5.0%だった場合に、円でニュージーランドドルを買ったとします。



すると2国間の金利差は5.0%-0.1%=4.9%となり、ニュージーランドドルを保有している限りは、この4.9%の利息が貰える計算となります。

この2国間の金利差のことをスワップポイントと呼び、保有した金額と保有期間分のスワップポイントが利益として受け取ることができます。
また、このスワップポイントは毎日支払われていきますので、数年単位といった長期間の保有をしなくても受け取ることができて、スワップポイントの利益のみを狙うスワップ派の人も多いのがFXになります。

ただし注意が必要なことは先ほどの例の場合、円でニュージーランドドルを買っていれば良いのですが、ニュージーランドドルで円を買う、いわゆるニュージーランドドル/円の売りポジションを持っている場合にはマイナス金利となり、保有している限り金利分がマイナスとして口座から引かれることとなります。