FXは少ない資金でも運用できる

FXは外国為替取引のことですが、例えば1ドルが100円の時に10万円で1、000ドル買ったとします。


そしてその後1ドルが110円に上がると、保有している1、000ドルの価値が日本円で11万円となり、1万円の利益となります。



このようにして利益を上げるのがFXになるのですが、1ドルの価値が100円から110円と10円も上がるには相当な時間がかかるのではと思う方もいらっしゃるでしょう。

実際に数日で十数円もの値動きがあるのは極めてまれなケースになります。
それほどまれなケースで1万円程度しか利益が出ないのであれば、魅力も少ないものとなってしまいます。そこでFXにはレバレッジと呼ばれるシステムが活用できるようになっています。
このレバレッジは少ない資金でも大きな金額の取引が可能となるシステムで、今現在日本では25倍までレバレッジをかけることができます。
例えば証拠金を50万円証券会社に預けた場合、レバレッジを20倍までかければ1、000万円分まで取引をすることが可能となります。



その金額でドル円の相場が10円変動すると、±100万円分の損益が発生することとなり、その利益や損失が自分の口座から差し引きされるという事です。

レバレッジを高くすることで少ない金額でも大きな利益を得ることができる一方で、大きな損失になるリスクもあり、場合によっては借金となる可能性もありますので、初心者であれば1倍から5倍程度のレバレッジにした方が良いでしょう。