FXは24時間いつでもトレードできる

投資と聞くと一番最初に思い浮かぶのは株式投資だという方も多いでしょうが、株式投資が取引可能な時間は朝の9時から昼過ぎの15時までとなっています。


その時間帯ですと日中働きに出ている会社員の方や、育児で時間を作ることが難しい主婦の方には取引することが難しくなってしまいます。

しかし、同じ金融商品であるFXは24時間いつでも取引をすることが可能となっています。

その理由はFXが外貨を売買する金融商品だからです。



株式投資の場合には、その国の市場が開いていなければ取引することができませんが、外貨の場合には常にどこかの国で売買がされていて、さらにはどの国に住んでいようが関係なく取引をすることができます。



FX相場では日本時間の朝5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が開始されます。

そして朝の7時に同じくオセアニアのオーストラリアのシドニー市場が開始、朝の8時に日本の東京市場、朝の9時に香港市場が開きます。



その後も次々と市場が開いていき16時になると取引量が世界一のイギリスロンドン市場が開きます。
そして21時になると、こちらも取引量の多い市場であるアメリカのニューヨーク市場が開き、どの国でも10時間程度は活発な取引が続けられていきます。

特に日本のサラリーマンの方が取引可能となる夜の時間帯には、取引量の多いイギリスのロンドンとアメリカのニューヨークが重なっていますので、値動きも活発となりチャンスの多い相場となります。