FXの取引の基本的なシステムとは?

FXは、株式投資とは異なりとても簡単なシステムで運用されていますので、専門知識がそこまでない人でも参加しやすくできています。単純に捉えれば、取引する通過の現在の為替レートを基準として、たとえば1時間後や翌日の為替レートが上がっているのか下がっているのかの2種類しか変動する要素がないためです。
仮にに1ドルに対して円が110円だったとすれば、翌日にこの円が100円になると円高になり、反対に120円になると円安になります。



1ドルが110円のときにドルを円で購入して、120円の円安になったときに売れば10円儲かるということになります。

もちろん、逆に100円の円高になれば10円損するということになります。
実際のFXの取引では、この単純な原理を大きな金額で行うことによって、少しの為替レートの変動でも大きな損益となります。

このように異なる2国間の通貨を利用して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。



さらにFXではレバレッジをかけて取引ができるのが特徴で、レバレッジをかけることで自分が実際に持っている資金よりも大きな金額の取引ができるようになりますので、それだけ損益も大きくなります。

レバレッジの仕組みは自分が実際に持っている資産を担保とすることでお金を借り入れし、その借りたお金で取引をするというものです。


現在は高すぎる倍率は規制されていますが、それでも25倍程度の取引は可能となっています。