FXの重要な抵抗帯とは

FXで勝つためには、チャート分析を欠かすことができません。


またその中でも最も重要といわれているのが抵抗帯になります。


これは何度も反発していて止められているレートのことですが、FXの相場を動かしているのは人間ですので、群集心理を読むことで、相場が今後どのような動きをするのかもある程度は予測ができるようになります。FXで抵抗帯を引く際には一般的には、先ほどのお伝えをした通り何度も反発をしている場所とお伝えをしましたが、実はこれだけでは、どれが重要となるのか分からなくなってしまいます。



では、より重要な抵抗帯を見つけ出すにはどのようにすれば良いのか、それはファンドなどのプロのトレーダーがどこで資金を入れてきているのかを見ることです。


一般的にFXでは、今の相場の流れに逆らってはいけないとされています。



しかし、相場はどこかのポイントで必ず反転してきて、流れが変わるポイントが存在しています。
これは大きな時間軸であればあるほど勢いが強い為、その流れを変えるには大きな資金力が必要となってきます。そう言ったポイントで今ある流れを止めて反転していったようなポイントは、再びレートが差し掛かると強い抵抗帯となり、反発する可能性が高くなります。

例えは日足チャートで上昇トレンドが続いていく中で、押し目買いが入ったにもかかわらず、それが高値更新をすることなく下落して重要な安値も割っていった場合には、その付近には強い抵抗帯があると判断できます。