FXのスワップ金利はなぜ変動するの?

銀行預金に預けている金利は固定化されており、日によって変化するようなことはありません。これは金融機関が金利を自由に設定しており、毎日更新するようなことがないためです。

金融機関によって預金金利は異なっています。


また、日本の中央銀行が政策金利を決定しますが、これは一般的に無担保コール翌日物と言い、短期金融市場のものです。
日銀は政策金利をコントロールすることによって市場に供給されるお金の量を調整しているのです。
これは海外でも行われています。

FXの場合は2国間の通貨の金利によってスワップ金利が決定されます。
購入する通貨の金利が高くなればスワップ金利も高くなります。



そしてもう1つスワップ金利を変動させる原因となっているのが、為替変動です。

FXではスワップ金利を目当てに取引している人もいますが、金利が高くなればその国の通貨の魅力が増すため、価値が大幅に上昇します。



政策金利の設定は毎月1回行われ、据え置きになることもあれば変動することもあります。


FXではこの政策金利の発表は大きなイベントの1つとなっており、さまざまな思惑で売買が繰り広げられます。

通貨の価値が高くなればその分その国で支払われる利息の価値も高くなるため、円に換算したときにスワップ金利が大きくなっていくのです。
これは政策金利に変化がない場合でも起きることです。通貨の価値が下がれば円に換算したときの利息は減り、価値が上がれば利息は多くなるのです。